Google Nexus Oneを使う際の最初の設定について(3G,mail)

   

今日はお腹が痛くて、Flashをやる気力がなかったので、先日買った「Google Nexus One」の設定をしました。
IPhoneかた完全に移行するために「3G電波に対応させる」「@i.softbank.jpのメールを設定する」をすればそれほど変わらずに生活できるでしょう。

3G電波に対応させる

NexusOneには今まで使っていたIPhone3Gの黒SIMを差し込んでいるのですが、初期状態ですと電話ができるのですが3G電波を読み込んでくれません。家の中では無線LANがあるので困りませんが、外に持って行くにはこれでは支障がでます。
まずは3Gが使えるようにしましょう。

[設定方法]
  1. 「設定」の画面を開けて、一番上の「無線とネットワーク」を開きます。
  2. 今度は一番下の「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」を開ける。
  3. 何も表示されていないので、「新しいAPN」を選んでソフトバンクの電波の設定をする。
  4. 「名前」は何でもかまいません。「APN」に「smile.world」を、ユーザー名に「dna1trop」、パスワードに「so2t3k3m2a」を入力する。参考はこちら。
  5. これで完了。上の電波の横に3Gのマークができます。
これで3G電波でネットができるようになります。今回は黒SIMでの設定ですので、別のSIMもしくはドコモの携帯電話ですとまた設定が変わってくると思います。この設定を間違えるとSoftBank携帯の場合はパケット料金が天井知らずに上がってしまう恐れがあります。色々なサイトを見た場合上記に記載した方法で大丈夫みたいです。参考はこちら

@i.softbank.jpのメールを設定する

ネットが設定できたら次はメールの設定です。
3G電波が受信できるようになれば、自動的にSMSメールは受信できるようになりますので、問題となるのは「@i.softbank.jp」のメールです。

[設定方法]
  1. まずはメールを受信できるアプリをNexus Oneにダウンロードさせます。twitterで「K-9 mail」が良いと聞きました今回はこれを入れました。
  2. DLした「K-9 mail」を開くと「メールアドレス」と「パスワード」が必要となります。
  3. 次に「What typeof account is this?」と聞かれるので「IMAP」を選びます。
  4. そうするとIMAPサーバーの設定画面に入りますので、「IMAP server」の所を「imap.softbank.jp」と入力し直してNextのボタンを押します。
  5. 次にSMTPの設定です。「SMTP sever」の所を「smtp.softbank.jp」に変更し、「Port」の所を「587」にします。参考サイト
  6. あとは画面に従って進んでいけば使えるようになります。完了です。
「@i.softbank.jp」メールはIMAPを使っているので,どの端末から見ても未読/既読の状態を一元管理することができます。
たぶん通常の携帯メールではこういった手続きはできないと思います。

この2点の設定をすればIPhoneから移行してもネット、メール共に便利に使えるでしょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...