【Unity】GameObject.SetActive() は重い処理のようだ

               

Unityで表示・非表示を実装する時にまず思い浮かべるのが「GameObject.SetActive()」です。
UI周りでも比較的頻度が高い処理だと思います。
私も実際のゲームで何の疑問もなく使っていたのですが、これがメモリーを圧迫する(処理落ち)の原因になるという話を最近聞いたので、少し調べてみました。

続きを読む

【Unity】構造体(struct)について

               

c#の構造体(struct)は結構前からどういった存在なのか気になっていました。
クラスとの違いはどの部分なのか、どのようなメリットがあるのか、など知っておけば、パフォーマンスを加味したコードを書けるのではないか。
これまで個人的に全く使って来ていなかったのですが、少し時間をとって調べてみました。

続きを読む

【Unity】C#のIEquatableとは

               

他の人のコードを読むときに思わない出会いがよくあります。
今回調べてみようと思った「IEquatable」もその中の一つです。
c#が用意しているインターフェースということはわかるのですが、どのような時に使ったら良いのかを簡単ですが調べてみることにしました。

続きを読む

【Unity】MonoBehaviourについて調べてみた

               

Unityでスクリプトを作成する際にデフォルト「MonoBehaviour」を継承したクラスになります。
普段余り考えて使っていなかったのですが、このMonoBehaviourが一体どういったクラスなのかに興味をもち少し調べてみました。
簡単ですがブログに記事にまとめていきます。

続きを読む

【Unity】UniRxの止める

               

UniRxを使っていてタイマーみたいなものを実装したときに必要なくなった場合にどう止めるのかを調べたことをメモとしてブログに書いていきたいと思います。
すでに先人が丁寧にWebで公開していましたので、それをそのまま参考にしました。

続きを読む

【Unity】SRDebuggerを使ってデバックを行う

               

Unityでデバックをするときに「SRDebugger」というAssetを使うと色々なことが捗ります。
エディタ拡張をして独自にデバック機能を作る方法もあるのですが、この「SRDebugger」を拡張したほうが手間も工数も短縮して利用ができます。

続きを読む

【Unity】UniTaskによるasync/await を使った非同期処理

               

少し前に身内内での勉強会で取り上げられていたのが「UniTask」です。
現状コルーチンを行っている非同期の処理を c#のasync/awaitを使って良い感じでUnityで使えるとのことで、今後新規でゲームを作成するときに利用する機会が多くなるかもしれません。

続きを読む

【C94】サークル「albatrus」にお越しいただきありがとうございました!

               

先日、東京ビックサイトで行われたコミックマーケット93・東3キ-11b「albatrus」にお越しいただきありがとうございました。
配布をした「Unityのおしごと本2」は、たくさんの方に手にとっていただき無事完売となりました。会場内もとても蒸し暑く大変でしたがとても楽しかったです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
続きを読む