cocos2d CCMenu メニュー

cocos2d CCMenu メニュー
   

前回のチュートリアルで、ある程度、cocos2dで色々なことができることがわかりました。
今回は以前のチュートリアルの載せていた、RayWenderlichのブログから「CCMenu」のチュートリアルをやってみました。



解説のページはこちら。
RayWenderlich

ラベル
CCLabelTTFを利用します。

cocos2dのバージョンがv0.99.5からCCLabelTTFに変更されているので注意。
v0.99.5より前は、CLabelだったみたいです。


CCLabelTTF * _label;

_lavel  = [[CCLabel labelWithString:@" this is a pen"  // 文章
                               dimensions:CGSizeMake(320, 50)  //ラベルの範囲 (横320 縦50)
                               alignment:UITextAlignmentCenter  //範囲内ので文章の位置、中央揃え、右寄せ、左寄せ       
                               fontName:@"Arial"       //フォント
                               fontSize:320]  // 文字サイズ
retain];


_label.position = ccp(100,100);
[self addChild:_label];

}



ボタン

手順
1、CCMenuItemを使い、ボタンの中身を設定します。
2、CCMenuで実際にボタンを設置します。


CCMenuItem * item = [CCMenuItemImage itemFromNormalImage:@"imagebutton.png"  //ボタンの画像
                                                                    selectedImage:@"selectbutton.png" // ボタンを押した時の画像
                                                                    target:self  // ボタンのターゲット 
                                                                    selector:@selector(starButtonTapped:)]; //ボタンを押したときのメソッド

item.position = ccp(200,200);



//ボタンを設置する。
CCMenu *menu = [CCMenu menuWithItems:item , nil]; 
menu.posiiton = CGPointZero;
[self addChild:meun];

- (void)starButtonTapped:(id)sender {
 
  //ボタンを押したときの処理

}




Toggle Buttons

次はToggleボタンの作成です。
これも先ほどと同じように、まずはCCMenuItemを作り、次にCCMenuItemToggleを作成する。
最後にCCMenuに入れてやります。


CCMenuItemToggle *toggleItem = [CCMenuItemToggle itemWithTarget:self 
  selector:@selector(ButtonTapped:) items: item1, item2, nil];

CCMenu *toggleMenu = [CCMenu menuWithItems:toggleItem, nil];
toggleMenu.position = ccp(10, 120);
[self addChild:toggleMenu];

-(void) ButtonTapped:(id)sender{

  //toggleの処理

}








Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...