[cocos2d] SnakeyInputでジョイスティックとボタンを実装する。

[cocos2d] SnakeyInputでジョイスティックとボタンを実装する。
   

SnakeyInput

SnakeyInputはcocos2dで利用できるクラスの一つで、手軽に「ジョイスティック」や「ボタン」を作成できます。

利用する前にまずは、SnakeyInputクラスを下記サイトからダウンロードしましょう。
sneakyness/SneakyInput · GitHub

実際に利用するクラスをxcodeに追加する

ダウンロードした「SnakeyInput」を立ち上げてclassを見てみると、いくつかのファイルがあります。
2013 2 19

全てを利用するのではなく、必要なファイルを選んでXcodeに追加します。
例えば、「ジョイスティック」の場合は、以下の4つが必要になります。
  • SneakyJoystickSkinnedBase.h
  • SneakyJoystickSkinnedBase.m
  • SneakyJoystick.h
  • SneakyJoystick.m


「ボタン」の場合
  • ColoredCircleSprite.h
  • ColoredCircleSprite.m
  • ColoredSquareSprite.h
  • ColoredSquareSprite.m
  • SneakyButtonSkinnedBase.h
  • SneakyButtonSkinnedBase.m
  • SneakyButton.h
  • SneakyButton.m

ジョイスティックを設置する

任意のレイアー上に、以下のような形でコードを下記設置します。


実際のジョイスティックの動きはjoystick.velocityを使って取り出します。
これを使いPlayerを動かしたりします。

ボタンを設置する

任意のレイアー上に、以下のような形でコードを下記設置します。

BOOL型の反応をButton.activeが返してくれます。
これを使い、YESの時に何かしらのアクションを取らせたりします。

さいごに

私はこのように使っています。
自分で実装しなくていいので、手軽に利用できます。興味を持たれた方は是非一度利用してみてください。
Mainmenu

cocos2dで作る iPhone&iPadゲームプログラミングcocos2dで作る iPhone&iPadゲームプログラミング
Steffen Itterheim,畑 圭輔,坂本 一樹,加藤 寛人,高丘 知央,株式会社 クイープ

インプレスジャパン
売り上げランキング : 81343

Amazonで詳しく見る

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...