AppStore公式 高品質のプロモーション素材を準備をする。

AppStore公式  高品質のプロモーション素材を準備をする。
   

アプリが完成したら、発売されるまでに何をするか。
それは、アプリの「プロモーションの準備」でしょう!!

プロモーションの方法は色々ありますが、今回はその際に利用できるApple公式の素材を手に入れる方法を紹介したいと思います。

入手手順

Apple Developerに入ります。
App Store Resource Center – Apple Developer

画面の下にある[Promote Your Apps]を開きます。
2013 3 14 33ee

この中に様々なアイテムを手に入れることができます。

Apple公式のプロモーション素材とは

Appleの方で、プロモーション用に色々な素材を用意してくれています。
まずは、公式のガイドブックを確認しましょう。
https://developer.apple.com/appstore/marketing/AppStoreMarketingGuidelines-JP.pdf

App Store Badge

これはよく見かけると思いますが、AppStoreに誘導するためのバナーです。
スクリーンショット 2013 03 14 21 34 50

これは、Webサイトだけではなく、プロモーションビデオや紙媒体などに利用することができます。
その他、利用する際の注意事項が、ガイドブックにも書いてありますので使用する際には必ず確認しましょう。
例、アートワークに変更を加えない、最小サイズはwebの場合高さ40pxなどなど。


Apple製品

iPhoneやIPadの画像を利用できます。
photoshopのデータで保存されています。
2013 3 13 44r

利用方法

Photoshopのレイアーを見てください。
下記画像の場所をクリックすると、Photoshopデータが分解されます。
2013 3 14 332

ここにあなたのアプリの画像を貼り付けます。
2013 3 14 ddeed

ステータスバーをつけることもできますが、これはあなたのアプリに合わせてください。
2013 3 14 33ed

後は保存をすれば、元のPhotshopのデータが更新されます。
2013 3 14 lllo

画像のサイズはWeb上で利用する場合は最小サイズが200pxと決まっています。
その他、利用する際の注意事項が、ガイドブックにも書いてありますので使用する際には必ず確認しましょう。

Link Maker

簡単にアプリのリンクが作成できます。
iTunes Link Maker
アプリ名で検索してリンクを作るので、実際にアプリが販売されてから使いましょう。
2013 3 14 33ee 2
ボタン付きのリンクも作成できます。これは非常に便利です。

さいごに

Apple公式のものだけあって、品質の高い素材が揃っています。
これを利用すれば、わざわざ素材を作る必要はありません。

是非一度見てみて、使えるものがあれば積極的に利用していきましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...