cocos2dとアドネットワークと広告配信ついてのメモ

cocos2dとアドネットワークと広告配信ついてのメモ
   

これまでは、ゲームを作ることだけに力を注いでいましたが、お金をいかに稼ぐかも勉強したいと考え、よくゲームアプリに導入されている広告について調べて、簡単にまとめてみました。多くのアドネットワークがあり、それをアプリに組み込む方法もさまざま、その中でより収益のあげる方法を見つけていきたいものです。

アドネットワーク

Webサイトの場合は、GoogleのAdSenceが有名ですが、スマートフォン向けの広告の配信を行うネットワークはたくさんあります。

主なアドネットワーク

AppleのiAd
iAd – Apple Developer

Googleのadmob

ファンコミュニケーションズのnend

amoad

appbank network

i-mobile

広告の振り分け

複数のアドネットワークを配信することができる機能です。

主なメディエーション

  • AdMob mediation機能
  • AdWhirl
  • Adstir
AdWhirl利用はできますが、サポートが終了しています。
その後継となるのが AdMob mediation機能みたいです。

cocos2dでの利用

広告を配信するためにはxcodeでプロジェクトもいろいろ変更しなくてはいけません。
これが、思いのほか作業量が多いです。

SDK

書くアドネットワークから、広告SDKを取得して、プロジェクトに組み入れます。
その際に、いろいろフレームワークも追加しないといけません。
さらに、それを使い、あなたのアプリに表示するようプログラムをする必要があります。

これだけ見ると、初心者にはとてもハードルが高いと感じました。

私も、AdWhirlを使った広告配信を,cocos2dの基本テンプレート「hellowWorld」でやってみようかと試したのですが、全然上手くいかない。
cocos2dver1.0やcocos2d-xに関する記事がそれなりにあるのですが、cocos2d2.0に対応している記事がない。(RootViewControllerがver2.0では廃止されたので、その代替をどうすればいいのかわからない)
私の、プログラミング能力のなさがほとんどだと思うので、このあたりをコツコツ調べてやっていかなくてはいけないのだと感じました。

最後に

まだ不勉強のせいもありますが、ゲームに広告を入れるのって凄く大変なんだと感じました。
adsenceの用に、簡単に広告を入れられる仕組みができるのかと思っていましたが、結構複雑ですね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...