【cocos2dx】BGM・効果音を鳴らす

【cocos2dx】BGM・効果音を鳴らす
   

cocos2dxでは、音を簡単に鳴らすことができます。
その際に利用するのが、SimpleAudioEngineクラスです。

BGMを鳴らす

音楽データが準備できれば、以下のコードでBGMを鳴らすことができます。


あらかじめ、音楽データを読み込まなくても再生できますが、メモリーの負荷が高まる、また再生が遅れるなど起る場合があります。
ですので、preloadBackgroundMusic()を利用した方がいいでしょう。


BGMを止める

BGMを止める場合は、以下のコードを利用します。



その他の処理

その他、色々なことができます。



効果音を鳴らす

続きましては、効果音を鳴らす方法です。
だいたい以下のようなコードになります。


効果音も、事前に音楽データを読み込まなくても再生できます。


その他の処理

その他、色々なことができます。
その際に、どの効果音に処理をするかを、効果音を再生時に取得したint型の数字を利用します。



音楽データについて

cocos2dで利用していた際には,m4a(AAC規格)のデータを利用してできるだけデータの容量を小さくしていましたが、Andoridの場合はこれが利用できないみたいです。
ですので、Andorid用のデータを新たに用意するが、またMP3を利用した場合、両方のOSで音楽が再生できるみたいです。

この辺りのフォーマットについては注意が必要ですね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...