【cocos2dx】アドネットワークNendのアイコン広告を表示する – iOS編

【cocos2dx】アドネットワークNendのアイコン広告を表示する – iOS編
   

前回、NendSDKを無事プロジェクトに追加できるようになりましたので、実際にアイコン広告を実装していきます。
ほぼSDKに付属しているマニュアル通りなのですが、参考にできる部分があれば幸いです。

アイコン広告専用のUIViewControllerを作成する

まずは、Icon広告で利用するUIViewControllerクラスを作成します。
この部分は、マニュアル通りなので、コードについては割愛させていただきます。

AppControllerに追加する

先ほど作成した、UIViewControllerクラスをAppControllerに追加をします。
これに関しては、RootViewControllerと同じように追加をしました。

AppController.h



@class RootViewController;
@class IconAdViewController;

@interface AppController : NSObject <UIApplicationDelegate> {
    UIWindow *window;
    RootViewController    *viewController;
    IconAdViewController *iconController;
}

@property(nonatomic,retain)RootViewController *viewController;




AppController.mm



- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions {    

 /**
     iconad
    
  **/
    
    //アイコン広告を追加
    iconController = [[IconAdViewController alloc] init];
    [viewController.view addSubview:iconController.view];




これで、画面上にアイコン広告が表示されるでしょう。

広告の表示・非表示を調整する

常に広告が出ている場合は必要ないのですが、画面ごとに広告の表示・非表示を調整する必要が出てきたとします。
その際には、マニュアルにも書かれている通り、関数「pause」 関数「resume」を使います。

UIViewControllerクラスに書きコードを付け加えます。


-(void)viewWillAppear:(BOOL)animated{
    
    [iconLoader pause];

}

-(void)viewWillDisappear:(BOOL)animated{
    
    [iconLoader resume];
    
}



これだけでは、アイコン広告は消えません。
AppControllerクラス内で、UIViewControllerを隠すメソッドを作成します。


-(void)hideIconAdView{
    
    iconController.view.hidden = YES;
}


-(void)showIconAdView{
        
    iconController.view.hidden = NO;

}



後は、このメソッドを必要な場所から呼び出してあげれば、アイコン広告を制御できます。
こんな感じで使います。


AppController *appController = (AppController *)[[UIApplication sharedApplication] delegate];
[appController hideIconAdView];



アイコンの数を増やす・場所を調整する

後は、アイコンの配置です。
これに関しては、アプリのデザインの関係もあるかと思いますが、簡単に場所の指定などができます。

アイコンの数を増やす

最大で4個までアイコンを増やすことができます。
これに関しては、NADIconViewを必要な数用意してあげれば良いだけです。


    NADIconView *iconView1 = [[NADIconView alloc] initWithFrame:CGRectMake(0, 0, 75, 75)];
    NADIconView *iconView2 = [[NADIconView alloc] initWithFrame:CGRectMake(100, 0, 75, 75)];
    NADIconView *iconView3 = [[NADIconView alloc] initWithFrame:CGRectMake(200, 0, 75, 75)];

    [self.view addSubview:iconView1];
    [self.view addSubview:iconView2];
    [self.view addSubview:iconView3];

    [iconLoader addIconView:iconView1];
    [iconLoader addIconView:iconView2];
    [iconLoader addIconView:iconView3];



アイコンの場所を指定する

アイコンの場所に関しては、NADIconViewクラスを初期化する際に設定ができます。
第1引数が、横の場所(position)
第2引数が、縦の場所(position)

[例]
    //ccp(100,100)の場合
    NADIconView *iconView1 = [[NADIconView alloc] initWithFrame:CGRectMake(100, 100, 75, 75)];



テキストの色を指定する

アイコン広告のテキストは何もしなければ黒色です。
変更する場合は、setTextColorメソッドを利用します。

[例]


    //テキストを白色にする場合
    [iconView1 setTextColor:[UIColor whiteColor]];



2013-11-13-3232.png

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...