【cocos2dx】Androidでビルドする際の注意事項-リソースのフォルダの場所

【cocos2dx】Androidでビルドする際の注意事項-リソースのフォルダの場所
   

Xcodeで作成したcocos2dxのプロジェクトを、Eclipseであるときの注意点を今回ブログで紹介します。
Android用のアプリを作成するのは2回目なのですが、今回初めて出くわしました。
もし、同じような現象が出る場合には、参考にしてみて下さい。

ローカライズされない

iPhoneでは上手くローカライズ(多言語)されていたのに、Eclipseでビルドしてみるとローカライズされない。
そのような現象がおきました。

もし、そのような場合には、ローカライズ用の[Localizable.strings]ファイルがある場所を確認して下さい。
Androidでは、クラス以外のファイルは、Resourcesにあるファイルしか読み込まれません。

2013-12-4-gfddsd


注意点として、プロジェクトと実際のフォルダでは異なる場合があることです。
FinderにあるプロジェクトのResourcesを確認して下さい。

2013-12-4-gfddsdf


メソッドが読み込まれないされない

これも、フォルダの位置が関係しています。
iOSフォルダは読み込まれませんので、ClassesフォルダにJNIで呼び出すファイルがあるかどうかを確認して下さい。
2013-12-4-ffdsa


最後に

Eclipseでデバック方法がよくわからないので、原因を見つけるのは苦労しています。
iOSのプロジェクトとAndroidのプロジェクトでは、ファイルの場所によって挙動が変わってきますので注意して下さい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...