【cocos2dx】変数をマクロを使ってコードを見やすくする

【cocos2dx】変数をマクロを使ってコードを見やすくする
   

これまで、私個人全然利用してなかったのですが、「マクロ」という機能を使えば、色々と便利になります。
今回は、cocos2dxのマクロについてブログに書いていきたいと思います。

マクロとは

一度定義をしておけば、色々な所で利用できる定数みたいなモノです。
cocos2dx自体に、既にたくさんの便利なマクロ関数が定義されています。


//ccp(x,y)がマクロで定義されています。
CCPoint point = ccp(100,100);

//これと意味は同じです。
CCPoint point = CCPointMake(100,100);



マクロを定義する

マクロは自分で定義することができます。
よく使う変数や、関数があれば、一度登録してしまえば簡単に利用できます。

こんな形で定義をします。

#define マクロ名(引数) 変数or関数


例えば、int型の変数を定義する際には以下のようになります。


//定義
#define hogehogeInt 10


//実際に利用
sprite->setTag(hogehogeInt);


例えば、CCPoint型の変数を定義する際には以下のようになります。


//定義
#define POSITION_1 (CCPointMake(120,300))

//実際に利用
CCPoint point = PAN_POSITION_1;


マクロの利点

変数が多くなると、一度変更をしようとした時にコードがややこしくなります。
マクロで定義をしておけば、変更も簡単ですし、わかりやすいので、後からコードを見る際にも難しくないです。

もし、これまで利用していないのであれば、一度マクロにチャレンジをしてみてはいかがでしょうか?

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...