【cocos2dx】CCLabelTTFクラスで文字を改行させて表示する。

【cocos2dx】CCLabelTTFクラスで文字を改行させて表示する。
   

CCLabelTTFクラスで文字を表示する際に、長い文章を途中で改行させて表示したい時があるかと思います。
今回は、この改行の方法をブログに書いていきたいと思います。

改行

通常、CCLabelTTFクラスを利用する時には、このような感じで文字を表示しているかと思います。


    CCLabelTTF *labelString = CCLabelTTF::create("文字を表示させる", "HiraKakuProN-W6", 36);
    labelString->setAnchorPoint(ccp(0,0));
    labelString->setPosition(ccp(50,150));
    this->addChild(labelString);



【参考】


setDimensions()を利用する

改行をさせるには、CCLabelTTFクラスのsetDimensions()メソッドを利用します。
コードはこのような形になります。


    CCLabelTTF *labelString = CCLabelTTF::create("文字を表示させる", "HiraKakuProN-W6", 36);
    labelString->setAnchorPoint(ccp(0,0));
    labelString->setPosition(ccp(50,150));

    //CCSize型を指定
    introductMenu->setDimensions(CCSize(winsize.width,0));


    this->addChild(labelString);




上記の例の場合、画面のサイズに達した時に、文字が改行されます。
CCSizeクラスで、どこまでいったら改行するかを設定しましょう。

こうすれば、文字がどれだけ増えても自動的に改行されます。

IMG 0502

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...