【cocos2dx】「Images.xcassets」で設定したアイコンの光沢なくす方法

【cocos2dx】「Images.xcassets」で設定したアイコンの光沢なくす方法
   

毎回、アプリのアイコンを設定する際に悩んでいるのが「光沢」を消す方法です。
これに関しては、以前にも記事にしていました。


今回、この方法でスムーズにいけると思っていたのですが、何故か上手くいかないので、新しい方法を探しました。

「Images.xcassets」でアイコンを設定している場合

今回のアプリでは、アイコンの設定方法で「Images.xcassets」を利用しています。
2014-5-17-ffsdad


以前は[info.plist]で、[Icon already includes gloss effects]をYESにすれば「光沢」が消えました。
2014-5-17-dasa


しかし、「Images.xcassets」でアイコンを設定している場合は、この方法は利用できません。
では、どうするか?

答え

実は、とても簡単に設定ができます。
[Xcode]の下記画像にある「iOS icon is pre-rendered」にチェックを入れるだけです。
2014-5-17-gfdsd



【参考サイト】
【Xcode5】iOS6のアイコンの光沢をなくす方法 | メモ帳代わりのブログ

最後に

おそらくXcode5ではこれが通常の方法で迷うことはないのかもしれませんが、cocos2dxでプロジェクトを作成した場合には、「Images.xcassets」を別途設定しなくてはいけません。
使ってみると「Images.xcassets」はとても便利ですので、cocos2dxでプロジェクトを作成した際には、ぜひ利用をオススメします。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...