【cocos2dx入門】アイコン・画面の向き・名前の設定 – Android編

【cocos2dx入門】アイコン・画面の向き・名前の設定 – Android編
   

前回の記事
【cocos2dx入門】アイコン・画面の向き・名前の設定 – iOS編 | albatrus.com

今回はAndroid側の各種設定です。cocos2dxのバージョンは[3.1]を利用しています。

アイコンの設定

Eclipseに表示されているプロジェクトの[res]フォルダを開いて下さい。
2014-6-6-000


drawableで始まったフォルダがあります。
ここに指定した画像がアプリのアイコンになります。
サイズごとにフォルダが違うので注意して下さい。
【参考】
Iconography | Android Developers

画面の向き

アプリの画面の向きは、[AndroidMnifest.xml]で設定します。
2014-6-6-001


[android:screenOrientation=]にアプリを方向を指定します。
//AndroidMnifest.xml
<activity android:name="org.cocos2dx.cpp.AppActivity"
                  android:label="@string/app_name"
                  android:screenOrientation="portrait" //ここで設定をします
                  android:theme="@android:style/Theme.NoTitleBar.Fullscreen"
                  android:configChanges="orientation">


  • portrait : 縦
  • landscape : 横

【参考】
“activity” | Android Developers

アプリの名前

[res]フォルダに[values]フォルダがあります。
この中にある[strings.xml]でアプリの名前を設定します。
2014-6-6-002


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
    <string name="app_name">アプリ名</string>
</resources>

ローカライズ(多言語化)

国ごとに名前を設定する時には[values]フォルダを増やしてあげましょう。
日本語の場合は[values-ja]というフォルダを作成して、[strings.xml]を新しく作って下さい。

後は同じように設定します。
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
    <string name="app_name">日本語名</string>
</resources>

これで日本だけ別のアプリ名が表示されます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...