【Git】cocos2dxのプロジェクトを管理する

【Git】cocos2dxのプロジェクトを管理する
   

Gitを使ったプロジェクトの管理を目指しています。
今回は、Gitを使ったcocos2dxのプロジェクト管理をブログに書いていきたいと思います。

とは言いましたが、私は今までGitを利用したことがないので、おそらくこれで大丈夫ではないかという方法です。
もし、もっと良い方法があればぜひ教えて下さい。

.gitignoreの設定

cocos2dxのプロジェクトを作成すると色々なファイルやフォルダができます。
ただ、変更する部分に関してはその中の一部です。

素人ながら、ファイルの数が多いと、Gitに登録する際に時間がかかったり管理が大変な感じがします。
そこで「.gitignore」というファイルを作成して、そこにGitの対象外のファイルを設定します。

何を対象外にするかは、わからないので、こちらのサイトを参考にしました。

.gitignorを作成

エディタで、「.gitignore」というファイルを作成します。
2014-6-7-gfdssdfs.png

作成した「.gitignore」をプロジェクトに追加します。
これで[.gitignore]の設定は完了です。

Gitの初期化

まずは、cocos2dxのプロジェクトを作成します。
ここからは通常のGitのリポジトリ作成の手順と同じです。
//プロジェクトへ移動
$ cd /Users/usetname/Desktop/Project/GitProject

//Git初期化
$ git init

//Gitにファイルを追加
$ git add ./

//Git コミット
$git commit -m "cocos2dx first commit"


これで、完了です。

最後に

私は個人で開発しているので、「Gitの更新」「Githubへコードを公開する」ぐらいしか使い道がないので、このような感じで終わっていますが、本当はもっとやらないといけないことがあるのかもしれません。
Gitはまだ使い始めたばかりで、何が便利なのかもよくわかっていませんので、この辺りは使いながら見ていくことにします。

個人的に「SourceTree」を平行して利用しています。
「SourceTree」は、直感的に何をしたらいいのかがとても簡単ですので、ぜひ初めてGitを触る方はこれを勉強がてらダウンロードして使ってみることをオススメします。
ぜひ、Git管理で良い方法があれば教えて下さい

【参考】
Free Mercurial and Git Client for Windows and Mac | Atlassian SourceTree

開発効率をUPする Git逆引き入門開発効率をUPする Git逆引き入門
松下 雅和,船ヶ山 慶,平木 聡,土橋 林太郎,三上 丈晴

シーアンドアール研究所
売り上げランキング : 25279

Amazonで詳しく見る

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...