東京で非日常を感じられる場所 – 上野動物園

東京で非日常を感じられる場所 – 上野動物園
   

先週末に東京を訪れる機会がありましたので、以前から気になっているスポットを見学してきました。 今回は、「上野動物園」です。
写真のサイズがデカ過ぎてあまり画像的にはよろしくありません。
ぜひ、興味を持たれた方は、現地に足を運んで下さい。


2014 2 2 001


上野動物園

ご存知、東京上野にある動物園。
駅からもとても近いので、凄く行きやすいです。

入り口が複数

上野動物園に入る1口が2箇所あります。
上野駅側の「表門」と千代田線根津駅側の「池之端門」です。


より大きな地図で 上野動物園 を表示

料金

大人600円でした。
あまり動物園に行ったことないのですが、値段は結構安いんですね。

こんな動物がいます

パンダ

上野動物園といえば、「パンダ」でしょう。
入り口のすぐ近くで見ることができます。人は凄く並んでいましたが、特に待つことなく見ることができました。

2014 2 2 003


2匹いるのですが、どちらも寝てました。寒いからかな。
2014 2 2 002


鳥のコーナー

パンダのすぐ近くにあるのが、各種肉食と思われる鳥達の小屋です。

2014 2 2 004


檻があるので、写真を撮るのが大変です。
人に慣れているのか、近くまで来てくれる鳥が多かったです。

2014 2 2 005


2014 2 2 006


2014 2 2 007


ゾウ

「3匹の象」で有名な上野動物園。
もちろん、今もゾウはいます。

2014 2 2 008


2014 2 2 009


クマ

寒いのに、めっちゃくちゃ動き回っていたのが「クマ」さんです。
美味しそうに餌を食べていました。

2014 2 2 010


2014 2 2 011


アザラシ

こちらも元気に動きまわっていました。

2014 2 2 012


2014 2 2 013


ホッキョクグマ

私が訪れた中で、一番人気だったのが「ホッキョクグマ」です。
見るのに行列ができており、時間がかかりました。

ただ、寒い地域の動物だと思うのですが、身動きなしで寝てました。

2014 2 2 014


2014 2 2 015


ニホンザル

少し遠かったのですが、とても可愛かったのが「ニホンザル」です。
サル山があり、結構な数の猿がいました。

2014 2 2 016


2014 2 2 017


アルパカ

リアルアルパカにいさんに会ってきました。
近くで見ると凄いモコモコしています。

2014 2 2 018


カバ

大きいは正義。
遠くなのですが、その大きさがとても印象的です。大きいモノには何か惹かれるモノがあるのだと感じました。

2014 2 2 019


サイ

前回、大阪では見られなかった「サイ」です。
やっぱりカッコいいですね。

2014 2 2 020


レッサーパンダ

人気者「レッサーパンダ」
うまく写真に撮れなかったのが残念ですが、凄く動きまわってました。

2014 2 2 021


その他、上野動物園の魅力

まえまえから気になっていたのが「モノレール」でした。

2014 2 2 022


凄く行列ができていて乗らなかったのですが、思っていたより速度が出ていました。
上野動物園は結構な高低差があるので、確かに「モノレール」があれば移動には便利だなと思いました。

最後に

天候もあると思うのですが、凄く殺伐とした雰囲気が好きです。
色々と近代化して、街が洗礼されていくなかで、動物園は時代に取り残された感じのノスタルジーを感じます。

2014 2 2 023


ネットでは、色々と画像を見ることができますが、実際に動いているモノを見ないといけないなと感じました。
受ける印象が全然違うので、新しい発見や感情の変化があって楽しいです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...