【レポート】青春18切符で東京へ行く(中央線周り)

【レポート】青春18切符で東京へ行く(中央線周り)
   

先日に東京へ行くときに「青春18切符」を使いました。
時間もあったので、初めて中央線を使
今回は、そのレポートをブログに書いていきたいと思います。

米原 – 名古屋

IMG 4002

米原-名古屋間は何回も使っているので特に何もないですが、今回「穂積駅」で、同じ社内に乗っていた人が貧血で突然倒れて10分ほど停止をしていました。
米原-浜松の新快速に乗っていたのですが、通勤時間帯に重なったこともありすごい人の量でした。

名古屋 – 中津川

IMG 4003

ここからは初めて乗る区間です。
中津川駅までは1時間30分ぐらいで、この辺りまではギリギリ名古屋市内に通える距離・値段です
名古屋市内から離れていくに従って、段々と家が無くなり、山の中を走っていきます。

中津川 – 塩尻

IMG 4004

IMG 4005

IMG 4006

IMG 4007

山に囲まれた川に沿って進みます。
雪の量が凄く、また同時に雪が結構降っていました。
電車から見る川の景色がとても綺麗でした。


塩尻 – 甲府

IMG 4008

塩尻からは、先ほどとうってかわって快晴の天気。
同じ長野でもこうも天気が違うのか。
諏訪湖を周ったり、南アルプスを見れたりと景色がとても良かったです。

甲府 – 大月

IMG 4009


富士山は、頭の先しか見えないので、この部分に関しては東海道線のほうが良いですね。
山梨は「ぶどう」の名産地として有名ですが、その名にふさわしく電車の沿線はぶどう畑ばかりでした。

今回は、途中で線路と電車にビニールが引っかかって、30分ほど電車が止まっていました。
私は時間があったから良かったのですが、こういったトラブルが目立つ度です。

大月 – 東京

中央線と富士急がわかれている「大月駅」なのですが、実は中央線の東京駅へ行く始発駅でもあります。
こう考えると、この辺りは東京への通勤圏内になりそうな地域ですね。
大きな谷の上に住宅街が広がっています。

最後に

中央線周りは時間がどうしてもかかるので、時間に余裕がある場合は利用をしてもいいと思います。
平日でしたが、人も全然乗ってこないので、ずっと座ることができました。
全体的に景色が良いので、気分展開に持ってこいでした。


おとなの青春18きっぷの旅 2015年春季編 2015年 04 月号 [雑誌]: 漢字一番 別冊おとなの青春18きっぷの旅 2015年春季編 2015年 04 月号 [雑誌]: 漢字一番 別冊


学研マーケティング

Amazonで詳しく見る

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...