【映画】「ローグワン」を観てきました

【映画】「ローグワン」を観てきました
   

先週に、「ローグワン」を観てきました。
前々から、映画館の予告でこれでもかと流れていたので、その存在は知っていました。
スターウォーズは好きな映画シリーズの一つですが、今回はジェダイが出てこない作品ということで、敬遠をして観に行かない予定でしたが、ネット上でラストがとても凄いという情報を目にして、どこかで観に行かないと行けないと感じていました。

ネタバレを含む内容となっていますのでご注意下さい。


ローグワン



物語は、スターウォーズシリーズのエピソード3と4の間になります。

感想

スターウォーズという作品を観ているという前提にたっても、全体的にとても忙しい感じがしました。
焦点を当てるキャラクターが多いこともあるのですが、人物の掘り下げ(説明)が足りない気がし、キャラクターに感情移入することができませんでした。
時間の決まっている映画なので仕方がないのですが、色々詰め込んで話が進んでいきます。

この映画で一番感情が震えたシーンは、ラストのダースベイダーのシーンです。
暗闇から、赤のライトセイバーが出て来る場面は、とても鳥肌が立ち、なおかつ絶対的な絶望シーンを味わうことができました。
個人的にスター・ウォーズはジェダイとシスによるライトセイバーの剣劇だと思っているので、このシーンが出てきてくれて本当に良かったです。

物語

幾度となく出て来るデス・スターをめぐる話であり、エピソード3への伏線がいくつも登場するのでシリーズを通して観ている人にとっては色々と答え合わせが出てきて楽しいと思います。
ですので、初見で観る人にとってはよくわからない部分もあるかもしれません。

最後に

この作品は映画にするよりは、シリーズモノにしたほうが、キャラクターを持っと掘り下げ、愛着を持たせることができれば、良かったのかもしれません。
映画は、そのキャラクターや映画の世界にどれだけ感情移入できるかで面白さが変わってくると思います。

色々言いつつ、ライトセイバー以外の戦闘シーンもとても迫力があり、また上手くストーリーが練られていると感じました。
このあたりは、スターウォーズの世界観を継続して楽しむことができました。
できれば、スター・ウォーズシリーズを観てから、ローグワンを観たほうがより楽しめると思います。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー  オリジナル・サウンドトラックローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー オリジナル・サウンドトラック
V.A.

WALT DISNEY RECORDS
売り上げランキング : 1896

Amazonで詳しく見る

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...