キングダムハーツ3をクリアしました。

キングダムハーツ3をクリアしました。
   

先週末にPS4ソフトの「キングダムハーツ3」をクリアしました。
クリアまでのプレイ時間は22時間ほどで、2週間くらいかけて遊ぶことができました。
簡単ですが、ブログに感想を書いていきたいと思います。

2019 03 10 1

キングダムハーツ3

前作から10年以上空いての続編ということで、キャラクターの名前くらいしか覚えていませんでした。
ただ、1と2はとても面白かったという記憶はあったので、続編がいつ出るのかはとても気になっていました。

ゲーム内容

キングダムハーツシリーズは「スクウェアのキャラクター × ディズニーのキャラクター」が登場するアクションゲームと記憶しています。
主にディズニーシリーズの世界を、主人公が旅をするのですが、そこにファイナルファンタジーのキャラクターが絡んできているという内容です。
私は、この作品だけではなく別作品同士がコラボするということにとても興奮を覚える性格でしたので、このコラボレーションがキングダムハーツシリーズの最大の魅力だと思っていました。

本作品では、ディズニーのキャラクター以外にもピクサー社の世界も登場します。
このあたりは、前作までにはなかったことで、この長い空白期にディズニーとピクサーが一緒になったことも影響しているのではないかと思います。


感想

とりあえずやり込みの要素や今後登場するであろう追加コンテンツは別にしてEDまで見た感想をここから書いていきたいと思います。
もしかしたらネタバレになる可能性があるので、まだ未プレイの方は注意してください。

ボリューム

22時間でクリアできましたので、EDまでのボリュームはあまりないと思います。
レベル上げも特にしていないので、普通に進んで行けばそのまま最後までいけるレベルバランスです。
そもそも、このキングダムハーツシリーズはこれまでのボリュームにあるゲームではなかったので適切な内容量だと思います。

グラフィック

PS4作品ということもあるのですが、これまでの作品と比べてとてもキャラクターや世界背景は綺麗です。
PSProですと更に映像が良くなるみたいです。
そもそもリアルな世界観ではないため、そこまで作り込みは必要ないと思うのですが各ストーリーの正解感がそのまま表現されているようでした。
特に「トイ・ストーリー」の世界が好きで、キャラクターなどは本当にアニメの世界そのもので感動しました。
2019 3 10 3

システム

アクションゲームというこで、攻撃ボタンと移動がメイン。特殊なアクション時には該当のボタンを押せば発動されます。
基本攻撃ボタンを連打するゲームだと思います。魔法も使えるのですが、回復魔法しか使わなかったです。
主人公の武器に応じて特殊な攻撃ができるので、本来なら場面場面で切り替えて使うのだと思うのですが、最終で気に一番攻撃力が高い武器しか使わなくなりました。

今作品から壁を登ぼることができようになり、アクションがいくつか増えましたが、オープンワールドとはまではいえず行動できる範囲は決まっていますし、できることも限られています。
良く言えば操作が簡単、悪く言えばあまり技術を必要としません。
キングダムハーツシリーズはストーリーを楽しむゲームな気がするので、このシステムで良いと思いました。

登場人物

これまでの主人公(ソラ)と外伝シリーズのキャラクターが一同に登場します。
ただプレイアブルキャラクターは一部に限られています。
また、話の中でこれまでのストーリーについて触れられている部分はあるのですが、そのあたりは既に知っているものとして話が進んでいきます。
ですので、過去作品をやっていないと話についていけない恐れがあります。

ストーリー

8つの世界を回るのですが、各世界の話はとても面白かったと思います。
主人公とその世界のキャラクターがうまく絡み合っていた気がします。
特に、トイ・ストーリーとパイレーツ・オブ・カリビアンの世界は楽しかったです。
2019 3 10 2

ただ残念な点が2点あります。

強制ストーリー

キングダムハーツシリーズがこういった作品なのであれば仕方がないのですが、強制ストーリーが多すぎる気がしました(特に最後の方)
本来ならプレイヤーが動かして戦うのであろうとおもった場所でも、強制ストーリーで終わらせてしまったりするのはガッカリしました。
また、このストーリーはスキップすることができないです。
日本のRPGの悪い点としてこの強制ストーリーがあると思うのですが、適度に登場するのであれば良いと思います。ただ、本作品は多すぎた感じです。
映画を見たいのではなく、遊びたいと思ってゲームをやっているので、プレイヤーの操作できない部分を多くしていただきたいと思いました。

コラボ

本作で私が一番不満に思ったのが「ファイナルファンタジー(スクウェア)」側のキャラクターや一人も登場しなかった点です。
1,2までは出ていたので、今回はFF13やFF15のキャラが出てくると思ったのですが、これまで登場したキャラも含めて出てきませんでした。
このシリーズに興味を持ったきっかけが、FFのキャラがディズニーのキャラと登場するということだったこともあるので、私が遊びたいと思う動機がなくなってしまいました。

もう一つ、最後のバトルあたりで、これまで巡ってきた8つの世界がまったく絡んでこなかったのも不満です。
8つの世界と最終決戦は完全に別々に分かれていて、そもそも8つの世界を回る必要があったのかと思いました。

最後に

本作品について8つの世界とグラフィックはとても良かったです。
ただ、ストーリー面をもう少し改善してほしいと思いました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...