【振り返り】2019年に読んだおすすめ漫画

【振り返り】2019年に読んだおすすめ漫画
   

2019年読んだ漫画振り返り

2019年に色々漫画を読みました。
その中で特に面白いなと思った本をブログに書いていこうと思います。
(ネタバレはしないように気をつけます)

ブルーピリオド

まず一冊目は「ブルーピリオド」です。
主人公が東京藝術大学を目指す話なのです。
油絵や石膏など、よく美術館で見る作品がどういって作られているかなど、美術に関する色々なことを勉強することができます。
次から紹介する作品にも当てはまるのですが、自分が知らない世界のあれこれが書かれている漫画が結構好きです。
ブルーピリオド(6) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2019-11-22)
売り上げランキング: 125


ランウェイで笑って

2冊めは「ランウェイで笑って」です。今年アニメ化が予定されています。
ストーリーが良いのはもちろんなのですが、モデル業界と服飾業界について勉強になるので、そのあたり疎い自分にとって勉強になりました。
ランウェイで笑って(8) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2018-12-17)
売り上げランキング: 3,320

アクタージュ

3冊めが「アクタージュ」です。
こちらは演劇を題材にした漫画なのですが、少年ジャンプらしく、次から次へとライバルキャラが出てくるのが良いです。
私は主人公よりもライバルキャラである天使こと「百城千世子」が好きですので、そちらサイドで応援をして今読んでします。
アクタージュ act-age 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2019-12-04)
売り上げランキング: 632


五等分の花嫁

作品は知っていたのですがこれまで見ていなかったのですが、とある機会があり一気読みをしたところ面白かったです。
あと1巻で終わってしまうみたいですので、誰が花嫁になるかを楽しみです。(私は4女の「四葉」押しです)
五等分の花嫁(13) (講談社コミックス)
春場 ねぎ
講談社 (2020-01-17)
売り上げランキング: 109

ギャングース

「叩き」と呼ばれる犯罪者集団から金品を巻き上げる主人公の話なのです。
内容自体はフィクションなのですが、監修にその本職の人が関わっているのでとてもリアル感があります。
振り込め詐欺などの犯罪がどういった形で行われているのかなど、裏の知識が学べるかも。
ただ、後半結構話がおっきくなってしまいリアリティがなくなるのが少し残念です。
ギャングース(16) (モーニング KC)
肥谷 圭介 鈴木 大介
講談社 (2017-04-21)
売り上げランキング: 88,223

彼方のアストラ

今年TVアニメ化されていたのですが、コミックを通して読みました。
推理小説的なストーリーで、誰が犯人なのかやことの顛末がどうなるかなど、楽しめます。
巻数も手頃なのでおすすめです。
彼方のアストラ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2016-07-04)
売り上げランキング: 2,886

映像研に手を出すな!

NHKでアニメ化が予定されているので興味があって読んでみましたが世界観が独特で良かったです。
主役の3人が一つのアニメ作品を作る中でそれぞれの役割を演じているのですが、妥協やこだわりなどがあって、その中で作品が完成されているのを見るとゲームを作ることにも通じているなあと思いました。まだ巻数少ないのも良いです。
映像研には手を出すな! (4) (ビッグコミックス)
大童 澄瞳
小学館 (2019-05-10)
売り上げランキング: 9,432

ジョジョの奇妙な冒険 6部

最後に紹介するのが「ジョジョの奇妙な冒険 6部」です。
ジョジョシリーズはこの6部を含めて全部読んでいるのですが、6部だけは読んでいた当時話しがよくわからなくて序盤で読むのを諦めてしまっていました。
今年に久しぶりの読んでみたところ、一気に読むことができました。
主人公、徐倫がとても魅力的でかつ諦めない姿勢はジョジョシリーズの主人公の中でも一番です。その徐倫が最後にあのような結末を迎えてしまうのはとても辛かったです。
ジョジョは勢いで読まないと行けない漫画だと思うのでぜひ一気読みをしていただければ面白さが伝わるのではないかと思いました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...