Flex4入門[2日目]

  • |
   

アニメーション

など画像を動かすタグも用意されています。

[cc lang=”xml”]

xmlns:s="library://ns.adobe.com/flex/spark"
xmlns:mx="library://ns.adobe.com/flex/mx" minWidth="768" minHeight="400" xmlns:local="*">


target="{plane1}"
angleYFrom="0"
angleYTo="360"
repeatCount="2"
effectStart="myButton.visible=false;"
effectEnd="rotate_effect_x.end();rotate_effect_x.play();"/>
target="{plane1}"
angleXFrom="0"
angleXTo="360"
repeatCount="2"
effectStart="myButton.visible=false;"
effectEnd="rotate_effect_z.end();rotate_effect_z.play();"/>
target="{plane1}"
angleZFrom="0"
angleZTo="360"
repeatCount="2"
effectStart="myButton.visible=false;"
effectEnd="myButton.visible=true;"/>






label="アニメーション開始"
click="rotate_effect_y.play();"
x="10"
y="10"/>

horizontalCenter="0"
width="512"
height="342"
source="alba.jpg"



/>




[/cc]

グラフィック

Flexでの描画にはMXMLグラフィックスとFXGの2種類あります。

単純な四角形の書き方。(MXML)
[cc lang=”xml”]










[/cc]

MXMLグラフィックスはコードの記述順にレンダリングされます。


FXGを使う。
イラレで保存したfxgデータをそのまま画像に利用することができます。
参照のやり方が本に載ってなかったので自力で調べる。


  • srcの中に新しくfgxというパッケージを「ファイル」→「新規」→「パッケージ」で作る。
  • そのfxgのパッケージの中に、イラレで作ったfxgデータを入れる。
  • mxnlでとして呼び出すと表示されます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...