1/18 Frocessing メモ

  • |
   

Frocessing入門


ActionScript内では、図に関してはGraphicsを利用して書くことが普通ですが、複雑な図形を書く際にはかなりコードが複雑且つ長くなってしまうことが多いです。
今回勉強するFrocessingはGraphicsを簡単に書くことのできるライブラリなのです。

利用方法
  • パッケージをインポートする。import frocessing.core.F5Graphics2D;
  • インスタンス化する。var Gr:F5Graphics2D = new F5Graphics2D(graphics);
  • 線や色、形を設定する。 例、stroke(color),strokeWeight(線の太さ),Fill(色),

色の指定方法
Gr.stroke();で色を指定できるが、色の指定方法はいくつか方法がある。
  • RGBを個別に指定。stroke(red,green,blue,alpha) 0~255で。
  • 24bit,32bitで指定。stroke(0xffffff),stroke(0xffffffff)

HSVカラーモードを利用する際には、
 Gr.colorMode(“hsv”,465,1,465);
colorMode()により範囲(最大値)を任意に変更することができます。
Gr.stroke(465,1,465)

逆に色をつけない場合はGr.noStroke(),Gr.noFill(),などを使う。


【参考書籍】


追記
FrocessingではじめるActionScriptドローイングにも詳しく説明があったのでこちらも載せて置きます。


//矩形座標を中心に設定
rectMode( CENTER );
//キャンバスをステージの中心へ移動
translate( 465/2, 465/2 );

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...