1/21 Thread Library メモ 1

  • |
   

Thread Library

そろそろ今まで避けて来たXML関係の勉強をしなくてないけないと感じ始めましたので、今日から「Thread Library」を進めていきたいです。

そもそもXMLがどのようなものか曖昧だったので調べてみると以下のような説明が書いてありました。

XMLは人間が読める形で記述できる上、構造化されたデータを記述することができるのでアプリケーション間やインターネット上でやり取りするデータとして作成される。
目的に応じて「スキーマ」と呼ばれるXMLの構造定義を公開して、XMLを書く人(アプリ等)はその定義に従ってXMLを書き、そのXMLを利用する人(アプリ等)はその定義に従ってXMLを読み込みます。
RSS、MathML、SVG、BMLと呼ばれるXMLデータがある。

サンプル Threadで検索したら出てきたがpapervision3Dについての例だった。



ParticleField
pf = new ParticleField(mf, 1000, 5, 1000, 1000, 1000);
第一引数:グラフィックの指定、
第二引数:数の指定
第三引数:大きさの指定
第四:幅、第五:高さ、第六:奥行

4,5,6,で指定した範囲の四角形の中に、点を敷き詰める。

(Event.ADDED_TO_STAGE,
表示オブジェクト(インスタンス)がstage上に配置されたときに起こるイベント。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...