[グラフで見る] 携帯アプリ内での「ソーシャル・ネットワーク」の台頭と「ゲーム」の没落

  • |
[グラフで見る] 携帯アプリ内での「ソーシャル・ネットワーク」の台頭と「ゲーム」の没落
   

今まではスマートフォンと言えば、ゲームがその利用内訳のトップでしたが、ソーシャル・ネットワークの台頭によりその地位は揺らぎ始めています。今回はそのことをデータで裏付ける資料が「FLURRY」のサイトに載っていたので紹介させてもらいます。

携帯でのソーシャル・ネットワークを利用する時間が急拡大

これまでスマートフォンで一番利用時間の多いアプリはゲームだったのですが、ソーシャル・ネットワークをする時間が2012年第一四半期で同じになった。
グラフを見てもらえればわかるのですが、ゲームの利用時間は減り、ソーシャル・ネットワークの利用時間は大幅に増えています。
スマートフォンを使う時間が増えているのもあるのですが、ここにきて急激に成長を遂げています。
NewImage

ソーシャル・ネットワークアプリの広告収入の増加。

広告配信ネットワークの「Flurry AppCircle」の調べでは、今まで一番の稼ぎ頭であった「ゲームカテゴリー」が「ソーシャル・ネットワークカテゴリー」に敗れた。
つまり、ゲーム内での広告よりもソーシャル・ネットワーク内での広告を出すほうが収益が高いことを意味している。
NewImage


今後の携帯アプリをのキーワードは「SoLoMo」

「SoLoMo」とは「social」 「local」 「Mobile」の略。
先日、Facebookの買収された「Instagram」や「Foursquare」などがこの「SoLoMo」を満たしている代表的なアプリです。
この分野が今後のスマートフォン内での成長拡大が見込まれ、現在主要なベンチャー・キャピタルがこの分野への投資を拡大し初めています。

「SoLoMo」について。
2012年はSoLoMoに注目! ソーシャル・ローカル・モバイルがつなぐ未来 « INFOBAHN


「本記事の参考元」
Social Networking Ends Games 40 Month Mobile Reign

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
photo by: Sean MacEntee