もはや芸術と言っても過言ではない、超綺麗なドット絵を使った5つテレビゲーム

  • |
もはや芸術と言っても過言ではない、超綺麗なドット絵を使った5つテレビゲーム
   

皆さん!ドット絵を描いていますか?私もゲーム作成しているなかでドット絵を頑張ってかいています。今回はドットを描く際の参考にはならないのですが、「ドット絵もここまでできるのか!」と驚かせてくれる5つゲームを紹介します。このゲームを見れば、ドット絵の限界を見ることができます。参考にはならないかもしれませんが、ドット絵うちとしては一度はみておきたいものです。

ファイナルファンタジー6

スーパーファミコン最後のFF(ファイナルファンタジー)シリーズ。
当時、同じスーパーファミコンながら、ファイナルファンタジー5からすごく綺麗になったと感じていました。


ロマンシングサガ3

ボスの表現がドット絵に見えないほど成功にできています。
ロマンシングサガシリーズは2もドット絵が素晴らしいです。



メタルスラッグ

当時はそうは思わなかったのですが、いま見てみると本当に細かく作られているのがわかります。



ルドラの秘宝

一枚絵だけではなく、ドット絵を違和感なくアニメーションさせている所が凄いです。



聖剣伝説3

ゲーム自体もかなりやりこんだが、本当にグラフィックが綺麗。子供ながらにこれは驚きました。



最後に

懐古厨と言われるのは仕方ないですが、やはりスーパーファミコンで利用されているドット絵が一番好きです。今とは違い、限られた技術のなかで、どれだけの表現ができるかを追求したのがこれらの作品の「ドット絵」なのだと思います。特にスクエアのドット絵の技術は凄かった。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
photo by: PuyoDead