[openFrameworks][iPhone] iPhoneでopenframeworksをオブジェクト指向プログラミングを実行する時のメモ

  • |
   

iPhoneアプリが作りたくて最近色々しています。
「Apple Developer Program」のアクティベーションが受付ないので、appleに問い合わせ中なのでまだ実機で試してないのですが、それまでに一通りの知識をつけたいです。

iPhoneでopenframeworksを走らせる。

このブログを参考にすれば一通り実行することができますので、初めての方はまずこちらを実践してください。
非常にわかりやすく書かれています。

今回やりたいのは、下記の本のサンプルをiPhone上で実行することです。
Beyond Interaction ―メディアアートのためのopenFrameworksプログラミング入門
Beyond Interaction ―メディアアートのためのopenFrameworksプログラミング入門

ofBlob.h
[cc lang=”c”]
#pragma once

#include “ofMain.h”

class Blob {

public:
void draw();

};
[/cc]
ofBlob.cpp
[cc lang=”c”]
#include “ofBlob.h”

void Blob::draw(){

ofSetColor(31,63,255);
ofCircle(ofGetWidth()/2,ofGetHeight()/2,100);

}
[/cc]
testApp.cpp
[cc lang=”c++”]

#include “testApp.h”

double angle;

//————————————————————–
void testApp::setup(){
// register touch events
ofRegisterTouchEvents(this);

// initialize the accelerometer
ofxAccelerometer.setup();

//iPhoneAlerts will be sent to this.
ofxiPhoneAlerts.addListener(this);

//If you want a landscape oreintation
//iPhoneSetOrientation(OFXIPHONE_ORIENTATION_LANDSCAPE_RIGHT);
ofBackground(0,0,0);

ofSetFrameRate(60);

}

//————————————————————–
void testApp::update(){

}

//————————————————————–
void testApp::draw(){

blob.draw();

}

//————————————————————–
void testApp::exit(){

}

//————————————————————–
void testApp::touchDown(ofTouchEventArgs &touch){

}

//————————————————————–
void testApp::touchMoved(ofTouchEventArgs &touch){

}

//————————————————————–
void testApp::touchUp(ofTouchEventArgs &touch){

}

//————————————————————–
void testApp::touchDoubleTap(ofTouchEventArgs &touch){

}

//————————————————————–
void testApp::lostFocus(){

}

//————————————————————–
void testApp::gotFocus(){

}

//————————————————————–
void testApp::gotMemoryWarning(){

}

//————————————————————–
void testApp::deviceOrientationChanged(int newOrientation){

}
[/cc]

testApp.hは初期のまま。

こうすれば、iPhone上でも色々なクラスを使って表現することができます。

※privateの中ではofGetWidth()やofGetHeight()が使えない。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...