javascript 勉強メモ

   

基本の形。
javascriptが対応していないブラウザも考慮して作る必要があります。









文書内にメッセージを表示する

document.write(“ 文字が表示されます”);

繰り返しの表示

for(i=0;i<10;i++) document.write(" 繰り返し");

Math.floor 小数点以下切り下げ

関数の基本

function 関数名(渡す値)
{
  処理内容
 }
例1

function write(){

document.write(“便利な表示
“);

}

write(); //便利な表示
write(); //便利な表示

例2

function wrt(text){

document.write(text,”
“);
}

wrt(“便利な表示”); //便利な表示
wrt(“連続”);         //連続

例3

function print(msgArr,clo)
{
n=Math.floor(Math.random()*msgArr.length);
document.write(““);
document.write(msgArr[n],”
“);
document.write(“
“);
}

msg=[“HELLO”,”Thank you”,”YOKO”];
print(msg,”red”);

ty=[“こんにちは”, ”こんばんは”, ”さようなら”, ”よろしく”]
print(ty,”blue”);

フォーム

onBlur:そのフォーカス が外れ、他に移動したりした場合に発生するイベントハンドラ

document.forms:
element
document.forms[参照番号].elements[参照番号]
formsの参照番号はHTML内でのformタグの出現番号になります。
elementsの参照番号は、そのformタグで囲まれた中でのフォーム関連のタグの出現番号になります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...