Javascript入門【メモ】

   

とりあえず、少ない時間の中で手を動かさないといけないので、インターネット上に散らばっている「javascript入門」を調べて勉強していきます。

Javascriptの基本構造


scriptタグで囲まれた項目に、Javascriptを記述していきます。
これは外部ファイルを呼び出す方法もあります。

[cc lang=”javascript”]
[/cc]
外部から呼び出す場合はの中に以下のように記述する。
[cc lang=”html”]

Enter an expression: Result:
[/cc]

使用する関数はheadタグの中に入れたほうがいい。

[cc lang="javascript"]
window.addEventLisnter("Load",function(){
document.getElementById("box").addEventListener("Click",function(){
document.getElementById("text").innerHTML += "クリックしました
" ;
},true);
},true);
[/cc]

actionscriptと同じように、イベントリスナーを指定できます。

  • 第一引数には、Click mouseoverなどのイベントの種類を指定する。
  • 第二引数には、実行する関数。
  • 第三引数には、true か falseを指定する。
詳しくはこちら

プロパティとメソッド


オブジェクトが持つ値を参照したり設定するものがプロパティ(属性)といいます。
太字がプロパティ
navigator.appName :ブラウザーの会社の名前。
navigator.appVersion :ブラウザーのバージョン名。

オブジェクトはまた、動作を指定する際に用いるものをメソッド(処理)と言います。
太字がメソッド
window.open("http://albatrus.com/","blank");

DOM


[cc lang="javascript"]
// HTML内のidを指定できる。
document.getElementById();

//例
function test(){
document.getElementById("header1").style.color = "red";
}


<p id="header1">Sample
[/cc]

上記の例はDOM(Document Object Model)と言います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...