資料で見る「アメリカ」と「日本」の最新スマートフォン動向

資料で見る「アメリカ」と「日本」の最新スマートフォン動向
   

日本と米国のスマートフォンの利用台数やスマートフォンのOS別シェアなどの資料を集めました。資料を見ていただければわかるのですが、台数は違えど、日米共にスマートフォンの普及スピードが加速しています。OSにかんしてもAndroidOSをスマートフォンがシェア拡大されています。

日本・米国のスマートフォンの数

米国

ニールセン社の調査によると、2012年3月時点で米国でのスマートフォンの所有者が携帯電話加入者数の過半数(50.4%)を上回ったことがわかった。
携帯電話加入者数が2011年11月現在で2億3200万台。
単純に計算しても、スマートフォンは約1億1600万台使われている計算になります。

日本

携帯電話加入者数が2012年3月現在1億2800万台(PHPを含む)
その内、スマートフォンの割合は23.6%(株式会社ディーツー コミュニケーションズ調べ)
この結果、日本ではスマートフォンは約3000万台

OS別 スマートフォンシェア

米国

2012 5 8 gg

AndroidOSが48.5%
iOSが32.0%
RIM(ブラックベリー)11.6%
Windows Mobile 4.1%
WindowsPhone 1.7%
その他 2.1%

OS別の内訳を見ると、AndroidOS上で動作するデバイスが約過半数のシェアを獲得。

日本

株式会社ディーツー コミュニケーションズの調査によるとスマートフォンのOS別シェアは以下のようになっています。
AndroidOSが56.7%
iOSが39.6%
その他(3.7%)




<<参照元>>




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
photo by: Andres Rueda