【illustrator】オブジェクトや画像を「エンベロープ」で自由に変形させる

【illustrator】オブジェクトや画像を「エンベロープ」で自由に変形させる
   

ここ数日、素材作りでillustratorを触っています。
その間、もっと綺麗な画像を作るために本を読んで勉強しているのですが、その中で発見した便利な方法を紹介していきたいと思います。
illustratorは1年近く利用しているのですが、ここにきて知らない機能や便利な機能が出てくるので、とても奥が深いなと感じます。

※illustratorのバージョンは、CS5利用しています

エンベロープ

エンベローブ」は画像やオブジェクトなどを自在に曲げたり、特定のパースに画像を適応させたりできます。
2014-10-18-kkko


画像を歪める

まずは「画像を歪めます」。
対象となるオブジェクトを選択して、「エンベローブ」->「メッシュ作成」を押して下さい。
2014-10-18-dasa.png

ここで、メッシュの数を設定します。
2014-10-18-ddds

これでオブジェクトにメッシュが適応されました。
2014-10-18-ddds


後は、このメッシュを「ダイレクト選択ツール」で変形させてあげれば、オブジェクトを歪められます。
2014-10-18-dpppdds


特定のパースに画像・オブジェクトをあわせる

「エンベローブ」のもう一つの機能が、既存のパースに合わせて画像やオブジェクトを適応させることです。
2014-10-18-dasa


方法はとても簡単です。
パースとオブジェクトを選択して「最前線のオブジェクトで作成」を押すだけです。
2014-10-18-ddsxxx


この変形した「エンベローブ」は「拡張」を押すことで、パスの設定ができます。
2014-10-19-ddsas


個別にパスが設定されました。
2014-10-19-ddsas


最後に

以前から「エンベローブ」という名前は聞いたことあったのですが、実際にどのようなものかよく分からずに使っていませんでした。
同じようなことは、今まで「自由変形ツール」を利用して、グリッピングマスクを被せていました。
よく考えると、凄く便利な機能だと思います。勉強になりました。

絵を描く仕事を始めたい!  Illustratorキャラクター制作の教科書絵を描く仕事を始めたい! Illustratorキャラクター制作の教科書
廣 まさき

技術評論社
売り上げランキング : 20897

Amazonで詳しく見る

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...