サッカー日本代表、長友選手のおばあちゃんの手紙が素晴らしい。

サッカー日本代表、長友選手のおばあちゃんの手紙が素晴らしい。
   

サッカー日本代表で、イタリアのインテルで活躍中の長友選手の著書「上昇思考幸せを感じるために大切なこと」に載っていた、長友選手のおばあちゃんの手紙がとてもすばらしかったので、ブログの記事を書きました。
この手紙は、試合前のメンタルを維持するために、長友選手がよく読むそうです。
この本の内容も良かったのです。詳しくは本を買ってみてください。

2011 7月


とりとめのなことを書きますが、自分で咀嚼してください。
命が一番、元気が一番です。心の元気が健康のもと。
心をやわらかく。
苦しさを嬉しさに変える。
何があっても絶対に解決の方法はあります。いいこと悪いこと、喜び悲しみは表裏一体です。いまの状況を抜けるときは、人生が飛躍するときです。
強さとは無心に尽きます。心がない、無心に尽きます。
一流選手の条件は、長く続けることです。
上から目線は、頭しか見えません。周りが見えません。自分が偉いとか上手だとか思ったとき、人生の誤りが始まります。
しんどいときは先のことを考えない。いまを最小限のエネルギーで、なんとかすること。
人にわかってもらいたいとか、変わってもらいたいと思っているあいだは、しんどさは続きます。相手が悪いのではありません。
落ち込むと後悔の念が先に立ち、失敗ばかりに目がいきます。抜け出すにはきっかけを掴むこと。自分の気持ちを変えるのではなく、きっかけを待って変わるものです。
そのきっかけは、友人、先輩、子供、本や映画、なんでもいいのです。
悶々としているときは、思考回路が空回りします。
肩の力を抜いて、心に響く言葉に出逢うことです。
笑いは天の花。
いっぱい笑ってください。
嫉妬されるのは、その人自身がすぐれているから。相手はそれが羨ましいのです。
神経質にならず、好奇心をもって鈍感になってみてはどうですか。
公私ともに中傷もありますが、すべてバネにしてください。嫉妬・悪口をいってくれた人に感謝して大きくなることです。
岡田(武史)監督から学んだ、人生万事塞翁が馬です。
吉田家の皆さん(長友選手の母方の家族)、お父さん、お母さんに感謝ですね。
亡くなった松田(直樹)さん、足の悪い塚本(泰史)さんのことを考えると、黄金の足の佑都は幸せですよ。
上昇思考幸せを感じるために大切なこと P51抜粋 》

2011 12月


最高の成績で日本に帰り、うれしいですね。普段の心がけと努力の賜物と思います。
サッカーに対する考え方に変化があったように受け止めています。ほんとに心の躍る試合でした。思いが身体を支配しています。いつか誰かのためにと思ってプレイをしていれば、それ以上の力を出せます。
日常生活でも、基礎の部分がしっかりしていると、とっさのとき、何か起きたときも、どうにでも補えます。
ピンチを抜けだせる基礎のある人は、出来、不出来がなく安定しています。
人生は順調に成功していくばかりではありません。
成功は人間の表面を飾ります。
失敗は内面を豊かにします。
人間の成長のために失敗は用意されています。
失敗には成功に劣らぬ報酬があります。
失敗を恐れてなにもしないでいては、生涯、失敗ばかりになります。
人は、表現する言葉を失ったときにキレます。多くの言葉を用意して、褒めの言葉を考えておくことです。
人の心をほぐすマッサージの言葉です。
困ったときは自分の本を読みましょう。機会があれば、宮沢賢治さんの本を読みましょう。
生活は質素に、志は高く、物を大切に。とくにユニフォーム、スパイクなど自分の分身と思ってください。
日本の空気をしっかり吸って、1月からの試合に向けて、心をやわらかく、ふにゃふにゃでいきましょう。
上昇思考幸せを感じるために大切なこと P76抜粋 》

補足

最初の手紙は、長友選手が肩の脱臼でセリエAの開幕戦の出場が危ぶまれた時(ストライキの関係で、日程が遅れたため、開幕戦に出場)に、送られてきた手紙です。
長友が右肩脱臼 ミランとのスーパー杯は欠場 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

次の手紙は、その年の年末。長友選手のゴールなどもあり4連勝を飾った後の手紙です。
長友 2アシスト!インテル4連勝に貢献! ― スポニチ Sponichi Annex サッカー


上昇思考幸せを感じるために大切なこと上昇思考幸せを感じるために大切なこと
長友 佑都

角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング : 1635

Amazonで詳しく見る

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...