Papervision3D入門メモ 2

   

Papervision3Dの基本

3Dを2Dに表示する流れ、Camera => レンダラー => Viewport
これでFlashのステージに表示することができる。

3Dを見た目を良くする昨日を「マテリアル」と呼ぶ。
WireFrameMaterial(ワイヤーフレームマテリアル),ColorMaterial(カラーマテリアル)など
2Dの画像を貼付けることもできる(マッピング)




3Dオブシェクトを作成するには基本的に以下の2つの手順を踏むことになります。
  • マテリアルを作成する。var material:WireframeMaterial = new WireframeMaterial(0x0000ff)
  • プリミティブオブジェクトを作成してマテリアルを設定する。sphere = new Sphere(material,300);








Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...