1/27 XML メモ2

   

外部XMLファイルを読み込む際の流れ。(テキスト)

  • URLLoaderのインスタンスを作る
    var loader:URLLoader = new URLLoader();
  • 読み込むXMLファイルをURLRequestで指定する
    var urlReq:URLRequest = new URLRequest(” ******.xml”); // 読み込むXMLファイルを指定
  • load()で読み込む
    loader.load(urlReq);
  • 読み込んだデータをXMLオブジェクトに変改し取り出す。
    var xmlObj:XML = new XML(loader.data);
  • フィールドに表示をする
    fild.text = xmlObj.contact.web.text();
外部XMLファイルを読み込む際の流れ。(画像ファイル)
  • URLLoaderのインスタンスを作る
    var loader:URLLoader = new URLLoader();
  • URLRequest
    var urlReq = new URLRequest();
  • 読み込む
    xmlLoader.load(urlReq);
  • 受信したxmlから値を取り出す
    var xmlObj:XML = new XML(xmlLoader.data);
クロスドメインからXMLファイルを読み込む

クロスドメイン:ドメインをまたいで外部の情報を読み込む場合、そのままではセキュリティエラーになります。これを解決するには、XMLファイルが置いてあるサーバーから読み込みを許可するポリシーファイルを読み込みます。XMLファイルを読み込むよりも前に一回だけ行えばいいので、クラス定義の前にスクリプトを書くことができます。


Security.loadPolicyFile(“読み込むドメインの crossdomain.xml”);

流れ
  • XMLLoaderのインスタンスを作成 myLoader = new XMLLoader();
  • xmlデータを読み込む
    var url:String = “http://albatrus.com/test/test.xml”;
    myLoader.loadXML(url);
  • 読み込んだxmlには名前空間が設定されているので、あらかじめ「use namespace」を使って値にアクセスできるように名前空間の使用を宣言する。よく理解できないので詳しくはこちらへ。
  • 読み込んだxmlからXMLを使って、必要な値を取り出す。
    var xmlObj:XML = myLoader.xml;
    var names:XMLList = xmlObj.namelist.name;
  • 取り出した値を画面上に表示する。この例では、nameのと[data]を取り出して表示する。
    for(var i:int = 0; i < nanes.length() ; i++){
    var name:XML = names[i];
    fid.appendText(name.coad+" : "+ name.data);
    }

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...