2/4 Wonderfl本サンプル Flickrの画像を表示

   

Flickrの画像を表示

前回のtwitterのサンプルに引き続きFlickrの画像を表示する「Wonderfl本」のサンプルを勉強していきます。

[cc lang=”actionscript”]
public function Main() {
var myLoader:Loader = new Loader();
var myURLRequest:URLRequest = new URLRequest(“http://farm4.static.flickr.com/3467/3828917519_d209a026fb_o.jpg”);
//LoaderContextを使うと、drawできるようになる。ただしcrossdomain.xmlで許可されている場合のみ
//これ→http://farm4.static.flickr.com/crossdomain.xml
var myLoaderContext:LoaderContext = new LoaderContext(true);
myLoader.load(myURLRequest , myLoaderContext);
myLoader.contentLoaderInfo.addEventListener(Event.COMPLETE, onComplete);
//Loaderごとステージに置く例
addChild(myLoader);

//ステージ上のオブジェクト全てにフィルターをかける
filters = [new DropShadowFilter()];

//flickr上の画像のページへのリンク
addEventListener(MouseEvent.CLICK, CLICK);
}
[/cc]

[cc lang=”xml”]



// どのドメインでもアクセスを許可すると記載があります。



[/cc]

まずはお馴染み「URLLoader」「URLRequest」を使い画像を読み込んでいます。
今回はすでにcrossdomain.xmlでアクセス許可が出ていることがわかっているので、LoaderContext()だけで大丈夫。

[cc lang=”actionscript”]
private function onComplete(e:Event):void {
//new LoaderContext(true)にしているのでbitmap化して変形できる
var myBitmap:Bitmap = e.target.content;
var myBitmapData:BitmapData = new BitmapData(myBitmap.width, myBitmap.height);
myBitmapData.draw(myBitmap);
var mySprite:Sprite = new Sprite();
mySprite.graphics.beginBitmapFill(myBitmapData);
mySprite.graphics.drawRoundRect(210, 210 , 240, 240, 100, 100);
mySprite.graphics.drawCircle(330, 330, 90);
mySprite.graphics.drawCircle(330, 330, 70);
addChild(mySprite);
}
[/cc]

Bitmapデータに変換して表示していて画面上に設置している。

[cc lang=”actionscript”]
drawRoundRect(int x, int y, int width, int height,int arcWidth, int arcHeight)
[/cc]

角の丸い図形を描くdrawRoundRect();
通常の四角はdrawRect();

[cc lang=”actionscript”]
filters = [new DropShadowFilter()];

//DropShadowFilter()のデフォルト値
DropShadowFilter(distance:Number = 4.0, angle:Number = 45, color:uint = 0, alpha:Number = 1.0, blurX:Number = 4.0, blurY:Number = 4.0, strength:Number = 1.0, quality:int = 1, inner:Boolean = false, knockout:Boolean = false, hideObject:Boolean = false)
[/cc]

DropShadowFilter() クラスはドロップシャドウを付け加えるメソッドです。
何も引数をしていしていないので、デフォルト値が設定されています。

今回の例ではステージ全体にドロップシャドウをかけています。



参考文献


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...