【Unity】作成したゲームを実機でテストする方法

  • |
【Unity】作成したゲームを実機でテストする方法
   

Unityで作成したゲームは、Unityの画面上で簡単に見ることができます。

0817-dudu


ただ、スマートフォン向けにアプリを開発する場合には、画面の大きさやUI、または処理速度などの関係でPCとは違っている場合が多くあります。
そこで、今回は、Unityで作成をしたアプリケーションを実機でデストをする方法を紹介したいと思います。
方法は2つあります。

Unity Remote 3 を利用する

一番手軽に、実機でゲームがどうなっているのかを確かめるには「Unity Remote3」というアプリを使うのがいいでしょう。(Andoroidの場合は「Unity Remote」)

Unity Remote 3 App
カテゴリ: ユーティリティ

価格: 無料


これを実機にダウンロードをすれば、簡単にテストができます。

【注意】
このアプリを使う際には、Unityを利用しているPCと、同じWI-FI環境内でスマートフォンが利用できる状況が必要となります。

実際の利用方法

「Unity Remote 3」を起動して、PC名をクリックします。
IMG 0219


下記画面が出てきたら、Unityの画面で「再生」のボタンを押します。
IMG 0220


0817-ddss


そうすると、スマートフォンの画面上で、Unityのゲーム画面と同じものを確認できます。
2013-8-17-ddss

ただ、私のWI-FI環境が悪いのか、画像は凄く悪いです。
操作はできます。


アプリをXcodeに書き出す

続いての方法は、Unityで作成したゲームをXcodeで読み込みができる形式に変更して、Xcode上で起動をする方法です。
これが、実際にアプリをリリースする際の方法だと思います。(今回はiOSの説明をしますが、Andoroidでも形式は同じです)


実際の利用方法


Unityの画面の左上、[File]->[Build Settings]を選びます。
2013-8-17-ffdd.png



ゲームで利用するSceneを、下記画像の赤枠内に追加をしてください。
Unityの画面下にある「Project」の画面から、ドラッグアンドドロップをすれば追加できます。(番号が0のSceneが、ゲーム開始のSceneになります)
2013-8-17-ffddd.png



ゲームを書き出す形式を選択します。
今回はiOSにしています。
2013-8-17-ffdffd.png


後はBuildを押せば、Xcodeのプロジェクトに書きだされます。
2013-8-17-ffdffd.png


これを使い、通常通りXcodeで実機でプロジェクトを再生するとiOSのデバイスでゲームが確認できます。
2013-8-17-ffdd.png

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...