【Unity】NGUIのGridを利用してみる

  • |
【Unity】NGUIのGridを利用してみる
   

ぼちぼちとNGUIについて勉強をしています。
昨日、どうしても私が使っているNGUIのバージョンにあうチュートリアルが見つからなく四苦八苦していたのですが、
なんとYoutubeにNGUI3.0.7のtutorialがあるのを見つけて、これをやってました。

それ以前のものは何かやり方が違っていたのですが、このチュートリアルは私が今利用している3.0.8とほぼ同じように利用できました。
今回はその中で、Gridについてブログで紹介をしたいと思います。

Grid

いろいろと調べる中で、GridはSpriteなどを整列をさせるために利用するモノだとわかりました。
これを使えば、いちいちポジションを気にしなくても自動的に複数のSpriteを整列させてくれます。

Gridの作成

上のメニュー欄から、[NGUI]->[Create]->[Grid]で作成をします。

2013-1-22-fdsas


適当にSpriteを複数作成して、Gridにドラッグアンドドロップします。
階層はこんな感じです。

2014-1-22-jjijisa


今のところ、実際の画面はこのような感じです。

2014-1-22-fdsasa


パネルを使い、整列の仕方を設定する

Gridのパネルを開いて、各種値を調整します。

2014-1-22-hhhfds.png

  • Arrangement : 整列する方向を選択
  • Max per Line : 列の最大数
  • cell width : Sprite同士の横の幅
  • cell height : Sprite同士の縦の幅

こんな感じで、いろいろと調整をして並べましょう。

2014-rrre-1-22


注意点

これは私が凄く困ったことなんですが、実際のどのように整列できるかを確認するには、「UIGrid(Script)」で右クリックを押し、「Excute」を押す必要があります。
これをどうしたらいいのか迷いました。

2014-rrrde-1-22


これがGridの簡単な利用方法になります。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...