【Unity】EventSystemを使う

  • |
【Unity】EventSystemを使う
   

Unityの新しいUIシステムであるUGUIについて勉強をしてみました。
今回は「EventSystem」についてです。
Unity5.01を利用しています。

EventSystem

このオブジェクトをSceneに配置をすると、色々なイベントをスクリプトに設定ができます。
イベントを受け取るには「Raycast」を利用します。

PhysicRaycast

3D空間でイベントを取得する場合、「PhysicRaycast」を使います。
これはCameraに設置をすれば良いでしょう。

GraphicRaycaster

UGUIを作成する場合に利用します。
Cacvasに最初から追加されているので特に触る必要ありません。

EventMask

イベントを受け取るLayer名を設定できます。
特定のレイアーのみに判定を持たすことができます。

サポートしているイベント

色々なイベントに対応しています。
例えば以下のようなモジュールと、それに対応をした関数があります。
  • モジュール : IPointerEnterHandler  関数:OnPointerEnter  オブジェクト侵入した時に呼び出される。
  • モジュール : IPointerDownHandler  関数:OnPointerDown オブジェクト上で押した時

public class TouchField : MonoBehaviour,IPointerDownHandler {

    public void OnPointerDown(PointerEventData _data){

        Debug.Log ("touch");

    }

その他はこちらを参考に。
Unity – マニュアル: Supported Events

UnityゲームUI実践ガイド 開発者が知っておきたいGUI構築の新スタンダードUnityゲームUI実践ガイド 開発者が知っておきたいGUI構築の新スタンダード
池和田有輔,時村良平

エムディエヌコーポレーション
売り上げランキング : 5880

Amazonで詳しく見る

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...