【Unity】デバックのためのブレークポイントやログ【MonoDevelop】

  • |
【Unity】デバックのためのブレークポイントやログ【MonoDevelop】
   

デバックをする際に、色々な方法があると思います。
Xcodeを利用していた際に使っていた「ブレークポイント」と「ログ」をUnityでどのように実装するかを今回調べてみました。
何かの参考になれば幸いです。

デバック – ブレークポイント

エディタは「MonoDevelop」を利用します。
使い方はとても簡単。まずは、画面左上の再生ボタンを押します。
2015-5-8-ffdasad.png

ブレークポイントを設置します。
2015-5-8-ffdasfad.png

ブレークポイントの箇所が呼び出された場合に、アプリが止まります。
2015-5-8-dasa.png

変数も確認ができます。
2015-5-8-dasad.png

ブレークポイント

ブレークポイントは上記のように、コードの再生した際にアプリを止めることができます。
これを使えば、コードが正しく動いているかや、変数は正しい値になっているのかが確認できます。

デバック – ログ

コンソールで確認ができるログを残せます。
ブレークポイントとは違って、処理を止めることはできませんが、同じようにどのコードが動いているかなどがわかります。
int hoge = 10;

Debug.Log("hoge : " + hoge);
Debug.LogError(hoge);
Debug.LogWarning(hoge);

上記のコードは以下のようなログを吐き出します。
2015-5-8-dasa


変数も調べることができるので、非常に便利です。

UnityゲームUI実践ガイド 開発者が知っておきたいGUI構築の新スタンダードUnityゲームUI実践ガイド 開発者が知っておきたいGUI構築の新スタンダード
池和田有輔,時村良平

エムディエヌコーポレーション
売り上げランキング : 5657

Amazonで詳しく見る

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...