【Unity】アニメーションの「GeneRate Root Motion Curves」について

  • |
【Unity】アニメーションの「GeneRate Root Motion Curves」について
   

Unity5から利用できるようになった「GeneRate Root Motion Curves」について実際に使ってみました。
今回はこの「GeneRate Root Motion Curves」についてブログに書いていきたいと思います。

GeneRate Root Motion Curves

まずは、通常のアニメーションについて説明をします。
Animatorを利用すると、色々なアニメーションが作成できます。
2015-5-16-fda

Animationエディタを使って、アニメーションを作成します。
2015-5-16-fdsas

このような感じです。
Hoge

通常Animationエディタで位置を変えるアニメーションを作成すると、このようにスタート位置に戻ってしまいます。
移動だけはスクリプトを作成する必要がありました。

Unity5の新機能

そこで新しく登場したのが「GeneRate Root Motion Curves」です。
これを利用すれば、アニメーション移動距離を実際の移動距離と判断して、連続した移動を実装できます。

設定

対象のアニメーションのInspectorにある「GeneRate Root Motion Curves」を押します。
2015-5-16-fdsas

Animatorコンポーネントにある「Apple Root Motion」にチェックを入れます。
2015-5-16-fdsfa


GeneRate Root Motion Curves」を利用すれば、アニメーションだけで位置の移動もできるようになります。
Hoge2

Unity4入門 最新開発環境による簡単3Dゲーム制作Unity4入門 最新開発環境による簡単3Dゲーム制作
浅野 祐一,荒川 巧也,森 信虎

SBクリエイティブ
売り上げランキング : 13605

Amazonで詳しく見る

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...