【C#】キャメルケースとは

  • |
【C#】キャメルケースとは
   

コードを書く際にメソッドや変数を記載する際に、命名のルールが存在します。
個人でコードを書いている場合には、特に気にする部分ではないのですが、チーム開発では、同じ命名規則、コードフォーマットを使う必要があります。
今回は「キャメルケース」と呼ばれるコードの記述方法を紹介します。

キャメルケース

C#には変数や関数、クラス名などに命名規則があります。
名前に関するガイドライン

この中にあるのがキャメルケースです。

アッパーキャメルケース

「アッパーキャメルケース」は別名パスカルケースと呼ばれる命名規則です。
public void HogeMethod()
{

}

「アッパーキャメルケース」は上記のように複合語の先頭を、大文字で書き始める記述の方法です。
C#ではクラスやメソッド名などでこちらの記述を行います。

ローアキャメルケース

「ローアキャメルケース」は、複合文字の先頭を小文字で書き始める記述方法です。
private int baseTypeNumber;

各種パラメータでこちらの記述を行います。
パラメーターの名前

最後に

命名規則にのっとった記述をしていけば、コードが読みやすくなります。
これからc#を記述する場合は、こちらの2つのキャメルケースを使い分けて利用をしましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...