【Unity】シェーダを使ってオブジェクトを修正する

  • |
【Unity】シェーダを使ってオブジェクトを修正する
   

Unityでシェーダを触っているのですが、未だに良くわからないです。
今回はシェーダを使って色々なカスタマイズやオブジェクトの元データの修正などを行っています。
実際に動くオブジェクトを見ると楽しいですね。

カスタムシェーダー

ライディング処理を自らカスタマイズをして行います。
「Lambert」でおまかせをしていた部分をスクリプトを書いて処理をします。


ライティング処理は、 Lighting(名前)()を使います。

ビュー方向を使用するか、しないかで使う関数が違うので注意。
half4という型がよくわからないのですが、調べてみるとint型、float型と同じスカラー型です。
スカラー型 (DirectX HLSL)


データの修正

シェーダーを使って、オブジェクトデータを修正することができます。
頂点データの修正 vertex関数を使って、頂点データを調整します。




色データを修正

色について加工ができます。


頂点・色を修正する

頂点と色を同時に修正をすることもできます。


その他

プラットフォーム差異のヘルパー。




Unity 5 実践シェーダプログラミング入門 [改訂第一版]Unity 5 実践シェーダプログラミング入門 [改訂第一版]
高橋 潤

売り上げランキング : 7746

Amazonで詳しく見る

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...