コミックマーケット93に「Unityのおしごと本」を配布します

  • |
コミックマーケット93に「Unityのおしごと本」を配布します
   

本日、無事印刷会社さんから入稿ができたと連絡があり、以前告知をさせていただきました「コミックマーケット93」用の同人誌を出す運びとなりました。
ここ3週間くらい、結構な時間を原稿作成に使って気が滅入っていましたが、ようやく開放されました。

Unityのおしごと本

去年の冬・今年の夏と今回で三回連続コミックマーケットに参加です。
前回はエフェクトに関する本を出しました。
【C92】コミックマーケットでUnityエフェクト本を配布します。 | albatrus.com

今回の本は私を含む3人で記事を書きました。
内容はバラバラなのですが、Unityを使ったゲーム開発に役立つ本にしようと話し合い、次の3つのことの関する内容をまとめています。
  • エフェクト
  • エディタ拡張
  • アルゴリズム

私は、「エフェクト」について書きました。
ParticleSystemの新しいモジュールの使い方や、エフェクト用のShaderに関する内容です。
他の2つの内容に関しても、原稿校正時に読ませていただいたのですが、とても勉強になる内容でした。

スクリーンショット 2017 12 14 23 38 22

RE:VIEW

3人で本を作成するに辺り、今回はGitHubにリポジトリを立てて、RE:VIEWを使って原稿を作成しました。
以前まではPDS形式で原稿を書いていたのですが、本文はPDFに書き出す形で作成をしています。

論文や本を書く際には結構ポピュラーな方法らしいのですが、今回は新しいことにチャレンジをした形で、結果原稿を書くスピードや校正などスムーズに終わったと思います。
この詳しい内容については、後日ブログに書きたいと思います。

1日目キ-11b

配布はコミックマーケット1日目の12/29です。
東1ホールの「キ11b」に配置をされています。
Comike c93 ki

最後に

当日までにGitHub上にエフェクトのサンプルプロジェクトを作成し、それを本と一緒に見ていただけるようにしたいです。
入稿は終わりましたが、まだまだやらないといけないことは多いです。

年末で忙しい時期ではありますが体調に気をつけて本番を迎えたいと思います。
是非興味を持っていただいたのであれば、サークルスペースにお立ち寄り下さい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...