「Unity 2017.2」ParticleSystem 新機能紹介

  • |
「Unity 2017.2」ParticleSystem 新機能紹介
   

現在の最新バージョン 「Unity 2017.2」では、新しく次のような新機能がParticleSystemに加わりました。
コミケの記事がひとまず落ち着いたこともあり、次のネタ探しにロードマップを見ていた所で気が付きました。
今回は、この新機能についてブログに書いていきたいと思います。

こちらにも詳しく書かれています。
Unity 2017.2がリリースされました! – Unity Blog


Unity 2017.2 」 ParticleSystem 新機能

Auto-Destruct/Disable


まずは、こちらの機能です。
名前の通りParticleSystem上で、Particleの非表示、または削除を設定できるようになりました。
これは普段必要な時にはスクリプト側で処理を行っていたので、とても便利になりました。

設定も簡単で、Mainモジュールに新しく「Stop Action」というパラメータが追加されています。
この選択ポップアップから選ぶだけです。
注意点としては「Loop」設定にしていると当然ながら上手く動きません。
Stopaction

Burst Emission Curve


次は、こちらの機能です。
Emissionモジュールの変更点で、Burstでも、パーティクル放出量にCurveが設定できるようになりました。
こちらはCyclesを設定した時に効果を発揮します。
Burst

Editable Custom Data Module Labels


次は、こちらの機能です。
CustomDataモジュールで一部ラベルの編集ができるようになりました。
次の画像のように修正ができます。
CustomData

Inherit Lifetime for Sub-Emitter particles


次は、SubEmitterの設定で親のParticle生存期間に影響を受けるようになりました。
こちらを設定をすると親のLifeTimeが切れると、SubEmitterのLifeTimeも切れます。
SubEmitter

Linear Drag


最後は、LinerDragです。
こちらの設定は、「Limit Velocity Over Lifetime 」からできるのできます。
「リニア摩擦」と呼ばれるもので、パーティクルのサイズにより摩擦がかかります。
LimitVelocity

その他

Unityエディタ上に「Restart」ボタンが追加されています。
restart

最後に

Unityの今後のロードマップを見ると、ParticleSystemに関しては今後も改修をされていくのがわかります。
特に2018verでは、Shader周りな何か追加されそうかことが書かれていますので、要注目です。
Unity – ロードマップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...