【C96】サークル「albatrus」にお越しいただきありがとうございました!

  • |
【C96】サークル「albatrus」にお越しいただきありがとうございました!
   

本日、東京ビックサイトで行われたコミックマーケット96・南-43a「albatrus」にお越しいただきありがとうございました。
今回のコミケでは今までよりと思うところが多かったので反省も含めてブログにまとめていきたいと思います。

コミックマーケット96 サークル参加感想

今回で6回連続でUnityに関する本を配布させていただくことができました。
過去最大数の86ページで「2DAnimation」「UIElements」「ML-Agents」の3つの機能について書きました。
NewImage

その中c96ではいくつか新しいチャレンジを行いました。

チャレンジ1 – アクリルキーホルダーを作った

今回2DAnimationのサンプル用に作成をした画像データの出来が良かったので100個アクリルキーホルダー作成しました。
データの入稿が少し手間でしたが結構良いものを作っていただきました。
完全に個人的な衝動で作ったものだったので喜んでいただいたかどうかは不安ですが、私自身とても満足しています。
今後も良い画像データがあれば、何かしら別のグッズを作成したいです。

チャレンジ2 – 値段

今回同人誌の値段を1,000円にしました。
1,000円にした理由は次の2点です。

原価

今回の同人誌が「P86かつ150部作成した」 + 「アクリルキーホルダ-」を作ったことで、この値段でないと収支が赤字になるからです。

お釣り

これまで中途半端な値段で細かいお釣りが出てしまうことが多かったので切の良い値段にしました。
個人的に500円か1,000円単位が買いやすい値段と思っているので原価を考えると必然的に1,000円になりました。

結果

今回前回と同じ150部用意しましたが、結果115部配布することができました。
ですので、手元に35部残っています。
既刊として次のコミケに受かったときに持っていこうか、また良い機会なのでBoothで販売をしてみようか迷っています。
Boothで販売をする際にはブログ等で連絡をします。

感想

今回は初めて終了時間までサークルスペースにいました。
これまでは遅くても15:00までには完売をしていたので終了まで立ち会えなかったのですが良い経験ができました。
わかったことは終了1〜2時間前はあまりお客さんが来ないということです。特に1時間前になると人もかなり少なくなりました。
ですので、もし完売を目指すのであれば10:00 ~ 14:30くらいまでに90%ぐらい売り切っていないと厳しいということです。

サンプルアプリ

以前にも一度試してみたいのですが、今回「2DAnimation」と「ML-Agents」のサンプルアプリを作成しました。
サークルスペースで常時表示をしていたのですが、結構良い反応をいただける、また足を止めてくれる人が多かった気がしましたので良い施策だったと思いました。

記載漏れ

印刷所で原稿を投げた気づいたのですが、2DAnimationを説明の中で記載漏れがありました。
ネットで調べればわかることではあるのですが、年のため訂正箇所を印刷し1冊1冊本に挟む対応を行いました。
これが結構大変でした。


次回 C97

次のコミケ97のサークル申込書を買いました。
いつも冬はエフェクトに関する本を出していたので、現時点ではUnityの「ParticleSystem」や「Shader」について書きたいなと思っています。
もしくはSpineにも興味があるのでAnimation関係になるかも。

Unity ゲームエフェクト マスターガイド
秋山 高廣
技術評論社
売り上げランキング: 4,495

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...