wordpressで簡単にサイトマップができた!「 Dagon Design Sitemap Generator」プラグインを使ってみた

wordpressで簡単にサイトマップができた!「 Dagon Design Sitemap Generator」プラグインを使ってみた
   

今回はSEOにも有効はサイトマップを簡単に作ってくれる。「 Dagon Design Sitemap Generator」を紹介します。
SEOについては詳しいことはわからないのですが、サイトマップを循環してくるロボットが見やすいよう作ってあげれば、検索の順位が高くなるとのこと。良い記事を書くことはもちろんなんですが、このように多くの人に見ていただく機会を増やすことも大事です。


プラグインの入手

こちらのサイトから、プラグインを入手して、有効化させます。


利用方法

「Dagon Design Sitemap Generator」が有効化できたら、「設定」の所に「DDSitemapGen」というのができます。こちらで設定を行います。

日本語化

有効化した段階では英語表記なので、これを日本語表記にします。

注意点としては、2回保存のボタンを押さないと、何故か日本語になりません。

タグを設置する

後はタグを設置すれば、その場所にあなたのサイトマップができます。

<!-- ddsitemapgen -->

私は個別のページを別途作り、そこにタグを置きました。こんな感じです。


後は、この個別ページへのリンクをブログ内に貼れば完成です。

実際のページはこんな感じです

サイトマップ

カスタマイズする

では最初に、サイトマップの表示の設定を行います。先ほど見た「設定」->「DDSitemapGen」に入ってください。

先ほど日本語設定をしたように、その他の部分も好きなように変えてみましょう。



私は上記画像のように設定をしています。

Japanese.phpを直接変更する

プラグインのファイルを直接変更することで、出力するタグなどの変更することができます。
FFTPで見るとこの部分です。


 

 

これをエディタで開けて書き換えます。

私はこんなふうにしています。
define('DDSG_PAGE_HEADER', '');
define('DDSG_POST_HEADER', '');
define('DDSG_CAT_HEADER', '<strong>カテゴリー:</strong>');
define('DDSG_NO_TITLE', '(タイトルなし)');
define('DDSG_VIEW_XML', 'XML Sitemapを見る');
define('DDSG_CREDITS', 'Plugin by');

最後に

これでサイトマップがブログに追加されました。
クローラーロボットが使用するサイトマップを作ればSEO効果も上がるとのことで、これで少しでも見てくれる人が増えてくれればと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...