MarsEditで「HTTP Username」を要求された時の対応

MarsEditで「HTTP Username」を要求された時の対応
   

ブログエディタである「MarsEdit」を使っているときに、下記画像のような表示が出た時の対応。

スクリーンショット 2013 04 17 14 55 08

内容

This blog is protected by a second level of security.
Please enter your HTTP Basic Anthentication username and password for **

おそらくセキュリティのために、パスワードを入力してくれ、みたいな内容。
wordpressのパスを入れても解決しません。

解決方法

おそらく、ヘテルムでレンタルサーバーを借りている人にこの症状が出ているモノと思います。
これが原因です。
WAF のバージョンアップにともなうメンテナンスのお知らせ – ヘテムルレンタルサーバー

WAFというセキュリティのために、外部からのデータ送信がスパム扱いされている感じです。

WAFを解除する

解決方法はWAFを解除すればいいのです。


1、ヘテルムのHPの右のサイドバーから「WAF設定」を開きます。
2013 4 17 dddkk

2、ブログのドメインの右側にある「詳細を見る」を押す。
2013 4 17 llo

3、WAFの設定をOFFにする。
2013 4 17 lloppp


後は、少し時間をおいてからMarsEditから記事を投稿してください。

MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. App

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング

価格: ¥3,450



[追記]
ヘテルムの方で、この問題についての解決策が載っています。
こちらを参考にして方がいいでしょう。
WAF設定により403エラーが表示される場合に関しまして – ヘテムルレンタルサーバー

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...