【SEO】 Twitter Cardsを利用して、ソーシャルメディアからのアクセス数を増やそう。

【SEO】 Twitter Cardsを利用して、ソーシャルメディアからのアクセス数を増やそう。
   



twitterを利用していると、色々なWebsiteのリンクが流れてきます。
今回は、そのリンク先の情報をよりかわりやすく表示するために利用ができる「twitter Cards」という仕組みを紹介します。
これを利用すれば、twitterのリンクに、サムネイルや説明文を付けることができます。

【通常はこんな感じです】

2013-9-2-ffdd



【TwitterCardsを利用すると、こんな感じになります】

TwitterCards2013-9-2



Twitter Cardsを設定する

設定は非常に簡単です。

METAタグの設置

まずは、記事のHTMLのヘッダーに、ブログの情報を示したMETAタグを設置します。
これはfacebookなどで、もしかしたら設置をしているかもしれません。


例えば以下の様なMETAタグをヘッダーに挿入します。

//OGP
<meta property="og:title" content="タイトル" />
<meta property="og:type" content="blog" />
<meta property="og:url" content="URL" />
<meta property="og:image" content="サムネイル(画像)のURL" />
<meta property="og:description" content="記事の概要" />


//TwitterCardsに必要なもの
<meta property = "twitter:card" content="summary"/>
<meta property = "twitter:site" content="@**********(twitter ID)"/>



METAタグについては、その他色々と設定ができるみたいです。
こちらを参考にして下さい。
Cards Markup Tag Reference | Twitter Developers


ブログを申請する

タグの設置が上手く行けば、後は、「Twitter Cards」を利用するための申請を行います。

まずは、以下のサイトに入って下さい。
Twitter Cards

画面の右側に「validate your meta tags.」という項目があります。
ここに入ります。


下記の画面が出てきますので、ここにブログのURLを入力します。

2013-9-2-llodd


これでOKだった場合は、「Request Appoval」を押して下さい。

2013-9-2-ddsa



後は、実際にtwitter上で反映されるのを待ちましょう。
設定はこれで完了です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...